早期から学習するには

小学生

教材選びのコツ

小学生から英語学習が始まり、英語力の必要性はますます高まってきています。近年は、幼稚園やプリスクールなどで英語に触れる機会を持つ子供も多く、より早期から英語に親しませようと考える人は増えてきています。実際、語学の学習に不可欠である「聞くこと」、「話すこと」に関しては、能力の臨界期がかなり早くに訪れてしまいます。そのため、早くから耳を慣れさせておくことで、小学生からの英語学習にスムーズに移行できるのです。とはいえ、そのようなプログラムのない幼稚園や保育園に通っていたり、追加で塾や教室に通わせる時間や費用のない家庭も多いです。そんなときにおすすめなのが、自宅用の教材です。自宅用の教材ならば、小学生になってからも自宅学習に活用することができ、空いた時間に楽しめます。小学生以下の子供に向けた教材は様々なものがありますが、ポイントは聞くことに重点を置くこと、そして楽しみながら学習できることです。小学生未満の場合は、まだ書いたり読んだりするのは難しいでしょう。しかし、それらの能力は後からでも十分のばせます。早いうちに鍛えるべきなのは、前述した「聞くこと」と「話すこと」です。自宅学習では話すことが少なくなりがちですが、たっぷり聞いていれば自然と話すこともできるようになります。そして勉強という堅苦しいものではなく、リラックスして楽しめる教材であることが重要です。英語自体を嫌になってしまっては、元も子もありません。好きなキャラクターが出てきたり、ゲームのように楽しみながら親しめるものがベストです。

RECOMMEND POST

勉強する子供

早期の学習プログラム

保護者が積極的に情報収集をして、小学生に最適な語学スクールのコースや通信教育を見つけるのが、子供に英語を学ばせる場合の基本です。マイペースで学べるのが通信教育の特徴ですが、語学スクールや学習塾でレッスンを受けて、本格的な英語を身に着ける方法も魅力的です。

読書

有効に時間を使える

効率良く語学力を身につけたい場合は、スピードラーニングがお勧めです。評価の高いスピードラーニングは、日常会話やビジネス会話などの実践しやすい内容である事、コースや内容別に価格設定が詳細に明記されてる事です。スピードラーニングを使用している人の評価を知りたい場合は、口コミサイトをチェックしましょう。